ひびいろ

"日々"の"色々"を綴ります。カメラ関係のお話がメイン。

MENU

「良い写真」の曖昧さ

突然だけれど、例えばこの写真を見て何を思うだろうか。

f:id:mathact7560:20190110212842j:plain

質問が漠然としているけれど、果たしてこれは「良い写真」と言えるのかどうか、というほうがニュアンスとしては近い。

 

私たち写真愛好家は日々「どうすれば良い写真が撮れるのか?」を考えて撮るわけだけれど、その思考の根本にある「良い写真とはなんなのか?」という問いに答えるのは難しい。

 

f:id:mathact7560:20190110213409j:plain

例えばこの写真。

画面全体のカラフルさ、大きなボケとピント面の解像感、適度な露出(と思う)で、写真を構成する要素としては少なくとも及第点には達している(と思う)のだけれど、これが「良い写真」かと聞かれると分からない。少なくとも面白くはないなと思う。

 

でも何がダメで「良い写真」ではないのか?と聞かれるとそれも答えられない。

 

f:id:mathact7560:20190110214210j:plain

例えばこの写真。

色褪せた退廃的な雰囲気。個人的には「良い写真」だなと思う。

 

他方で、以下のような写真が「良い写真」と感じる人がいるのも理解している(つもり)。わたしは好きじゃないけど。

f:id:mathact7560:20190110214520j:plain

 

手ブレもしてないし露出も意図したとおりだけど根本的になんか違う、でもその「何か」がよく分からない。

 

それを繰り返す中で何をどう撮れば良いのか分からなくなり、しばらくカメラから離れたくなり、でもまた戻ってみると何となく答えが見えた気がしてまた撮りはじめる。

 

その無限ループの闇からなかなか抜け出せないのでした。ちゃんちゃん。