ひびいろ

"日々"の"色々"を綴ります。カメラ関係のお話がメイン。

MENU

α7シリーズの万能標準ズーム!SEL24105Gをレビューするよ。

この前の記事で、α7Ⅱを下取りに出して中古のRⅡに乗り換えたお話しました。 

www.yawo76.net

この記事の後半で「SEL24105Gはいいぞ」みたいなこと書いてたんですけど、あれはいわゆる前フリというヤツです。 

 

そう…

f:id:mathact7560:20180114221707j:plain

 

 

人気が高すぎて未だに品薄な最新レンズ、SONY FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G)を入手したので早速レビューしてみたいと思います!

 

 

SEL2470Zの画質に我慢ならなかった件

このブログをお読みの方はご存知かもしれませんが、もともとα7Ⅱを買ったときにSEL2470Zを購入しておりました。

 

www.yawo76.net

 

 

実際のところ、α7Ⅱ使ってたときからなんとなく緩いなーって印象は持ってたんですけど、メインで使ってるD810と画素数が違うのでD810がすごく解像してるだけだろうなあと思ってたんです。

 

が、 ボディをRⅡに変えてSEL2470Zで撮ってみるとまあ酷いのが目立つのなんの。

 

とにかく周辺が流れちゃうんです。例えばこれ。

f:id:mathact7560:20180114223058j:plain

α7RⅡ/SEL2470Z, 24mm, SS1/8, f/11, ISO1600

f:id:mathact7560:20180114223238j:plain

左隅の等倍画像

こんな感じで、等倍で見ると手ブレしてるんじゃないかって錯覚するくらい周辺が酷いです。相当絞ってるんですけどね。。。

(なお、人がブレてるのはシャッタースピードが遅いからです。あしからず。) 

 

あと遠景も酷い。絞っても絞っても線が太くて全然解像感がない感じです。

 

一瞬個体差があるのかなあと思ったんですけど、SEL2470GMとの比較記事を見ても同じような感じなのでやっぱりそういうレンズみたいです。

kakakumag.com

 

せっかくRⅡに変えたのにこれじゃ全然ボディの性能が活かせない…と大変不満を持っていたものの、とはいえGMは高い&重い&デカいでサブ機運用するようなレンズじゃないです(画質は最高なんでしょうけど)。

 

そんなこんなしてたところ、たまたまマップカメラにSEL24105Gの中古美品が入荷したのを見かけて、新品頼むといつ来るか分からないと思って何も考えずに即ポチったというわけです☆(ゝω・)v

なお、SEL2470Zは問答無用で下取りに出しました(

 

 

SEL2470ZとSEL24105Gを比較してみよう

この記事をお読みの方には「結局SEL2470ZとSEL24105Gのどっちを買うべきなのか?」ということにお悩みの方も多いと思います。

先に結論を言うと、画質に天と地くらいの差があるので多少待ってでもいいからSEL24105Gを買うべきです。

SEL2470Zはもはやコンパクトさ以外のアドバンテージはありません。

 

同じシチュエーションではないので厳密な比較はできないのですが、同じような構図・似たような設定で撮影してみました。

なお、明るさを合わせるために多少現像でデータを触っていますが、シャープネス等の解像感に影響する部分のパラメータはいじってません。

 

まずはSEL2470Zの写真。

f:id:mathact7560:20180114224748j:plain

α7RⅡ/SEL2470Z, 32mm, SS1/8, f/8.0, ISO1600

 で、こちらがSEL24105Gの写真。

f:id:mathact7560:20180114225741j:plain

α7RⅡ/SEL24105Z, 34mm, SS1/30, f/8.0, ISO1600

ちょっとわかりづらいので、東京タワーと右隅を切り出してみてみましょう。 

 

【中央の比較】

f:id:mathact7560:20180114230411j:plain

左がSEL2470Zで右がSEL24105G。

SEL2470Zの写真だけしか見なかったらまあこんなもんかなって感じなんですけど、 比べるとSEL24105Gの方が明らかに細かく線が表現されていて解像しています。

 

【四隅の比較】

f:id:mathact7560:20180114230604j:plain

逆になってしまっていますが、右がSEL2470Zで左がSEL24105Gです。

 

四隅は中央よりも顕著ですね。。。SEL2470Zはなんじゃこりゃーって感じですけど、SEL24105Gは四隅も全然流れずに綺麗に解像してます。 

SEL24105Gの画なら風景撮りたくなりますが、SEL2470Zは全然使えない感じ。。。

 

コンパクトさという点ではSEL2470Zが優位ですが、それも画質が伴ってこそ。

こうやって比べてみると明らかにSEL24105Gの方が描写性能は上なので、SEL24105Gが発売された今ではSEL2470Zを買う理由があまり見当たりません。。

 

 

とにかく寄れるぞこのレンズ 

「SONYのレンズはあまり寄れない」っていう話はよく耳にしていて、SEL2470Zも例外じゃなかったんですけど、SEL24105Gは想像以上に寄れます。

 

具体的には広角端でこれっくらいなのが…

f:id:mathact7560:20180114230640j:plain

α7RⅡ/SEL24105G, 24mm, SS1/13, f/9.0, ISO1000

テレ端で限界まで寄ると…

 

f:id:mathact7560:20180114230659j:plain

α7RⅡ/SEL24105G, 105mm, SS1/40, f/4.0, ISO1000

こんな感じ。ちょっとしたマクロ感覚で使えます。

寄れないのって意外とストレスだったりするんですが、SEL24105Gだとそういったストレス感じることはなさそうです。 

 

 

絞り開放から十分過ぎる解像感 

話を解像感に戻します。

SEL24105Gですが、開放からとにかく解像するので積極的に絞り開放が選択できます。

f:id:mathact7560:20180114230905j:plain

α7RⅡ/SEL24105G, 39mm, SS1/40, f/4.0, ISO400

 

f:id:mathact7560:20180114231030j:plain

合焦部等倍画像

 

ちなみにこちらはSEL2470Zの絞り開放かつテレ端で最大限寄ったもの。

やっぱり寄れないし、なんとなくゆるゆるしてますね。。

f:id:mathact7560:20180114231103j:plain

α7RⅡ/SEL2470Z, 70mm, SS1/6, f/4.5, ISO640

f:id:mathact7560:20180114231206j:plain

合焦部等倍画像

 

SEL24105Gのすごいところはズーム全域でこの解像感が変わらないことです。

テレ端開放のサンプル。 

f:id:mathact7560:20180114231321j:plain

α7RⅡ/SEL24105G, 105mm, SS1/200, f/4.0, ISO100

真ん中の男性の背中にピントを置きました。

合焦部を拡大してみると…

f:id:mathact7560:20180114231404j:plain

合焦部等倍画像

コートの細かい模様までしっかりと解像してます。

f/4通しのレンズでも、結局開放が使えなくて1段くらい絞らないといけないものもあると思うんですが、SEL24105Gは全くそんな心配ないので安心して開放で撮れます。

 

あと解像感とは違う話ですが、とにかくボケが綺麗なんですよ。f/4なのでボケ量は控えめですが、なだらかにボケるのがとても好印象です。

テレ端&最短で撮ればかなりいい結果が得られるのではないでしょうか???

 

 

その他作例 

プロファイル補正をあててますが、それ以外は全くいじってないほぼ撮って出しの一枚。 

f:id:mathact7560:20180114231520j:plain

α7RⅡ/SEL24105G, 24mm, SS1/80, f/11, ISO100

SEL2470Zに比べるとちょっとあっさりしてるかな?って思いますが、ニュートラルな感じで現像次第でどちらにも振れる感じ。

しかし改めてみるとRⅡのダイナミックレンジすごいですね。。空の色もとても綺麗に出ています。

 

f:id:mathact7560:20180114231512j:plain

α7RⅡ/SEL24105G, 24mm, SS1/40, f/10, ISO100

画面に太陽を入れてみました。

流石に真正面から太陽を撮ると画面中央部あたりにゴーストが発生していますが、ナノARコーティングのおかげか嫌なフレアはほぼ発生していない感じです。

 

f:id:mathact7560:20180114231635j:plain

α7RⅡ/SEL24105G, 101mm, SS1/40, f/11, ISO1600

もちろん、現像で仕上げると素晴らしい結果が得られます。イルミネーションの電球が1個1個しっかりと描写されているのが確認できますね。

 

D810の撮影結果と比べてみても、こっちのほうが解像感高いのでは…と思うくらい良い感じ。もはやどっちがメイン機かわからなくなってきました。。

 

 

まとめ:今からFEマウントの標準ズーム買うなら間違いなくSEL24105Gにすべき

というわけで、簡単な作例を交えつつレビューしてみました。

標準ズームってよく使うズーム域だからこそ、画質や使い勝手にはこだわりたいものです。メイン機であるD810用にニコン純正の大三元ズームを導入したのもそういう理由でした。

www.yawo76.net

 

SEL2470Zとの比較ではSEL24105Gが圧勝、そして個人的にはAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRと比較してみても、解像感という点ではSEL24105Gは同じレベルで闘えている印象です。

 

SEL24105Gはとにかく高い次元で画質と使い勝手の良さを両立させてきたなという印象を受けるレンズなのです。

確かにSEL2470Zに比べると少し大きくて重いので取り回しは悪くなるんですが、他社の同じようなズームレンズに比べると十分コンパクトです。

 

なによりこの画質ならどんなボディでも対応できますし、テレ端が105mmまであることで広角的な表現から望遠的な表現までひととおり一本でできちゃうわけです。おまけに寄れる。もちろん、純正レンズなのでAFは素早く正確です。

 

途中にも書いたとおり、SEL24105Gが出た今ではもはやSEL2470Zを選択するメリットはコンパクトさ以外にないと思いますし、画質や使い勝手の面ではSEL24105Gを買うほうが圧倒的に満足感が高いです。

 

これ以上の画質を望むならSEL2470GMが視野に入ってきますが、かと言ってGMはやはり大きい・重い・高いで手を出しづらいのも事実。SEL24105Gは本当に良い落とし所を突いてきた感じですね。

 

今頼んでもいつ来るか分からないものの、これからFEマウントの標準ズームを買われる方は多少待ってでもいいのでSEL24105Gを選ぶのが良い気がします。とにかくオススメ!!