ひびいろ

"日々"の"色々"を綴ります。カメラ関係のお話がメイン。

MENU

「露出」についてカメラ初心者向けに解説するよ!

よくよく考えたらこのブログ、基礎から少し進んだあたりの話ばかりしてて最近カメラ始めたよ!みたいな方には分かりづらい内容も多いのではという気がしております(すみません…

 

というわけで、ちょっとずつ初心者向け解説記事を増やしていく予定です。

例えば「絞り優先モードとオートはどう違う?」とか、「レンズの焦点距離が変わるとどうなるの?」とか、「とにかく背景がボケた写真を撮りたいけどどうやったらいい?」とか。

 

そして本記事はその第1弾です。

まずは基本のキである「露出」について、しっかりと理解していきましょう!!

 

 

露出って?…写真の明るさを決める3要素

さて、一眼レフカメラやミラーレスカメラを触り始めると必ず出てくる「露出」という言葉。これは写真の明るさのことを指しています。

f:id:mathact7560:20170911000928p:plain

 

ここが最初につまずきそうなポイントなのですが、カメラ内に「露出」という設定項目はありません(※後述しますが、「露出"補正"」はあります。)

 

露出はあくまでもカメラの設定を調整した結果得られる写真の明るさのことを指すのであり、「露出」自体が設定項目として存在するわけではないのです。

 

では、露出は何によって決まるのか?

以下で露出決定の3要素、シャッタースピード・絞り・ISO感度についてそれぞれ見ていくことにしましょう。

 

 

露出の3要素その1:シャッタースピード

シャッタースピードはその名のとおり、シャッターを開けている時間のことです。

 

シャッタースピードと露出の関係性については、シャッタースピードが速くなるほど写真が暗くなり(露出が下がる)、遅くなるほど写真が明るくなります(露出が上がる)。

 

よく蛇口に例えられますが、蛇口を開けてすぐ締めると水はそんなに溜まりません。

一方、蛇口を長い間開けておくと水はたくさん溜まります。

 

同じようなイメージで、シャッターが開いている時間が短ければカメラは少ない光しか取り込めずに暗い写真になるし、シャッターが開いている時間が長ければ多く光を取り込めて明るい写真になります。

 

【シャッタースピードが遅い写真】 

f:id:mathact7560:20170910235426j:plain

SS1/10・f/4.0・ISO400

【シャッタースピードが速い写真】

f:id:mathact7560:20170910235456j:plain

SS1/100・f/4.0・ISO400



露出の3要素その2:絞り

お次は絞り。これはカメラの内部に取り込む光の通り道の大きさだと考えるのが良いかと思います。

 

絞りと露出の関係性については、絞り値が高いほど写真が暗くなり、絞り値が低いほど写真が明るくなります。

 

蛇口の例で言えば、同じ時間蛇口を開けていても蛇口の先端が広いと沢山の水を出すことが出来ますし、逆に先端が狭いと少ない水しか出ません。

 

これを光の通り道の話に置き換えたのが絞りと露出の関係になります。

 

【絞りを開けた状態(絞り値が低い)写真】

f:id:mathact7560:20170910235043j:plain

SS1/13・f/4.0・ISO400

【絞りを絞った状態(絞り値が高い)写真】

f:id:mathact7560:20170910235125j:plain

SS1/13・f/11・ISO400

 

露出の3要素その3:ISO感度

最後に、ISO感度とはカメラの光の感じやすさを指します。

 

ISO感度と露出の関係性については、ISO感度が低いほど写真が暗くなり、ISO感度が高いほど写真が明るくなります。

 

蛇口の例で言えば、ISO感度は水圧のようなものです。水圧が高ければ蛇口の先端が狭い場合でもたくさんの水が出ますし、水圧が低ければどんなに蛇口の先端が広くても少しの水しか出てきませんね。

 

ISO感度も同じで、ISO感度が高ければ速いシャッター・高い絞り値でも明るく撮れますし、ISO感度が低いと遅いシャッターや低い絞り値を使わないと明るく撮れなかったりします。

 

【ISO感度が高い写真】 

f:id:mathact7560:20170910235557j:plain

SS1/30・f/4.0・ISO640


【ISO感度が低い写真】 

f:id:mathact7560:20170910235648j:plain

SS1/30・f/4.0・ISO100



露出を計算する:「段」のおはなし

というわけで、露出の3要素についてざっくり見ていきました。これら3つの設定を変えていくことで、私たちは写真の明るさ(露出)を変えることができるわけです。

 

では、例えば以下の場面はどうすべきでしょうか?

シャッタースピード1/4秒・絞りf/4.0・ISO100で撮影したところ、イメージどおりの明るさで写真が撮れたが、シャッタースピードが遅いために手ブレしてしまった。そこで、シャッタースピードを1/30秒に変更した。絞りを変更せずに元々の明るさと同じ明るさで撮影するには、ISO感度はいくつに設定すれば良いか?

…算数の問題みたいですね_(┐「ε:)_

先に言っておくと、この計算ができなくても普通に撮るだけならあまり問題はないです。

というのも、マニュアル(Mモード)で撮らない限り、カメラが計算して露出が一致するように自動的に設定を変えてくれます。

 

が、露出補正の話とかをしっかり理解するためには是非知っておきたいところ。

なのでこういうものなんだなーという程度でざっと読んでみてください。

 

露出の3要素にはそれぞれに区切りの良い値があり、それぞれ以下のとおりです。

 

○シャッタースピード

1秒、1/2秒、1/4秒、1/8秒、1/15秒、1/30秒、1/60秒、1/125秒、1/250秒、1/500秒、1/1000秒、1/2000秒、1/4000秒、1/8000秒

 

○絞り

f/1.0、f/1.4、f/2.0、f/2.8、f/4.0、f/5.6、f/8、f/11、f/16、f/22

 

○ISO感度

100、200、400、800、1600、3200、6400、12800

 

各値の幅を「段」と呼び、上記は各要素の1段ごとの幅を記載しています。

例えばシャッタースピードを1/4秒から1/2秒に変えて露出を上げることを「1段上げる」、逆に1/8秒に変えて露出を下げることを「1段下げる」といいます。

 

そして、各要素の1段ごとの露出の上下幅は同じです

例えば絞りをf/1.4からf/2.0に変更して下がる露出の幅と、ISO200からISO100に変更して下がる露出の幅が一致するということです。

 

これだけだと分かりにくいので、上記例で実際に計算してみましょう。

最初の設定はシャッタースピード1/4秒・絞りf/4.0・ISO100でした。これを基準(0)とします。

f:id:mathact7560:20170910235801j:plain

SS1/4・f/4.0・ISO100


次に、シャッタースピードを1/30秒に変更しました。シャッタースピード1/4秒→1/30秒は3段露出を下げる(-3)ことになります。

f:id:mathact7560:20170910235834j:plain

SS1/30・f/4.0・ISO100

絞りの値を変えずに同じ露出を得るためには、ISOの値を3段分上げればよく(+3)、最初の設定と同じ露出を得るためのISO感度は800ということになります。

f:id:mathact7560:20170910235915j:plain

SS1/30・f/4.0・ISO800

確かに同じ明るさになりました! 

 

…とはいえ、こういう計算を一々するのはちょっと面倒ですね。

先に書いたとおり、この計算ができなくても基本的にカメラが自動で計算してくれるのであまり問題になることはないと思いますが、少し頭の片隅に置いておくと役に立つ場面があるかも?

 

 

露出補正でより理想的な明るさの写真に!!

露出補正とは撮りたい明るさに近づけるため、露出の計算結果をより明るく・またはより暗いものに変えるための設定です。

 

ニコンだったらこういう+・-が書いてあるボタンで、

f:id:mathact7560:20170911000000j:plain

ソニーのミラーレス機ならこれ。

f:id:mathact7560:20170911000030j:plain

 

カメラは入ってくる光の量をに応じて、できるだけ人間の見ている明るさと近い露出になるよう自動でシャッタースピード等を計算し設定します。超賢い。

ですが、必ずしも見ているとおりの明るさに撮りたいとは限りません。そこで使うのがこの露出補正機能です。

 

設定の仕方は簡単で、もっと明るくしたければプラスの数値に、暗くしたければマイナスの数値にするだけです。

f:id:mathact7560:20170911000111j:plain

露出補正なし

f:id:mathact7560:20170911000133j:plain

露出補正:+1.0

f:id:mathact7560:20170911000212j:plain

露出補正:-1.0

ちなみにこのプラスマイナスの数字が何を指すのか?ということですが、これはです。

例えば「露出補正なしの状態で撮ったときよりも明るくしたい、そこで露出補正を+1に設定した」となると、これは1段分露出を上げるということになります。

 

 

露出のまとめ

以上、露出についていろいろと見ていきました。長くなってしまったので、要点だけまとめてみましょう。

 

  • 「露出」という設定項目はなく、露出の3要素(シャッタースピード・絞り・ISO感度)をそれぞれ設定することによって得られた写真の明るさが「露出」となる。
  • 露出は「段」で計算できる。露出の3要素のうちの1つ設定を変えた場合でも、他の要素の設定を変えることで同じ明るさが得られる。
  • 露出補正を使うことで写真をもっと明るくしたり暗くしたりすることができる。

 

このうち、特に1点目が重要です。

写真の明るさがどうやって変わるのか、どの設定をいじればいいのかということさえ分かればこっちのもの。

 

例えば露出を思いっきり下げてダークな表現にしたり(ローキーと言います。)、

f:id:mathact7560:20170911000524j:plain

 

逆に露出を思いっきり上げてみたり(ハイキーと言います。)。

f:id:mathact7560:20170911000652j:plain

 

露出補正や3要素の設定を変えていくだけでも表現の幅が一気に広がります。

 

最初は取っつきにくい露出の話ですが、これを知ってから他のことを知るとカメラへの理解がとても早く進むと思います。

ぜひはやい段階からマスターを目指しましょう\\\٩( 'ω' )و ////