ひびいろ

"日々"の"色々"を綴ります。カメラ関係のお話がメイン。

MENU

ストロボライティングを始めたい方必携の一冊になるかも?『クリップオンストロボ 本格ライティング ~オフカメラストロボ撮影を基礎から学ぶ』を読んでみたので感想!

だんだんと春らしい気候になってきて嬉しい限りです。

 

さて、ライティングについてちゃんと勉強したいなあと思っていたところ、すごく良さそうな本が出るとのことで発売前に予約、本日到着してひと通り読んでみました。

 

結論から言うと、これからストロボを使った撮影に取り組みたい方はまずこれを読むべし!という印象を受けました。

 

 

概要

タイトルは『クリップオンストロボ 本格ライティング~オフカメラストロボ撮影を基礎から学ぶ』(細野晃義+UNPLUGGED STUDIO著)です。

クリップオンストロボ 本格ライティング ~オフカメラストロボ撮影を基礎から学ぶ

クリップオンストロボ 本格ライティング ~オフカメラストロボ撮影を基礎から学ぶ

 

 

ストロボの練習をし始めた頃からかなり参考にしているこちらのサイト。

ストロボ撮影|撮影テクニック|UNPLUGGED-STUDIO

非常に勉強になるので、一度色々読んでみると面白いですよ!

そして同書は上記サイトの内容をベースに、ストロボを使った撮影について体系的にまとめられている基本書です。

 

ホントに基本的なことから学べる

オフカメラストロボ撮影をするためにはどういう機材が必要なのかなどなど、ストロボ機材の基礎知識はもちろんですが、この本が他のライティング解説本と決定的に違う点は、マニュアル撮影をするために必要となる基礎知識(絞り・シャッタースピード・ISO感度など)までちゃんと解説してあるところです。

 

しかもただマニュアル撮影や露出について説明してあるだけでなく、例えば絞りを調整してストロボを発光させたとき、絞り値によって写りはどう変わるかなど、実例が多く掲載してあって視覚的にもわかりやすい内容となっています。

 

同じ光源でも、絞り・シャッタースピード・ISO感度を変えてどう変化するのかが分かればストロボ撮影以外の場面でも役に立ちますね!是非覚えておきたい内容です。

  

どんな場面でも応用できる知識を学べる

これまでのライティング解説本はどちらかと言えばストロボの基礎知識→作例とそのセッティングについて書いてあるものばかりだったような気がします。ですが、結構特殊な事例ばかりでそんなに応用できるものって少ないんです。

 

しかしこの本は、作例とそのセッティングに関する記載があまりないかわりに、いろんな場面で応用できる知識が書いてあります

例えば光の性質だったり、ライティング機材ごとにどのように光の当たり方が変わるのかだったり。

 

中でも白バック飛ばしと黒バック潰しの章は必見です。

白バック飛ばしは意外と簡単にできるというお話を当ブログでもしましたが、黒バック潰し(背景を真っ暗にすること)を解説しているものって全然見かけません。

私も色々実験してようやく身につけたのですが、もう少し早く本書に出会いたかった…と思わされる内容でした。

  

一番参考になったのは実際に露出を決定していくプロセスについて

私もそうなんですが、独学でやるオフカメラストロボ撮影ってどうしても自分の勘に頼った撮影になっちゃうんですよね。

なので、その場はいいかもしれませんが、また別の場所でライティング組んだときに前と同じような設定を実現できないこともしばしば。

 

しかし露出決定のプロセスを解説している章では、どのようにプロカメラマンがライティングの調整をするのかという過程を作例とともに見ることができます。

もちろん、同章に書いてあるとおり「露出決定のプロセスに正解はない」んだと思いますが、露出決定をどのようにするかの一例として、これは本当に参考になります。。

 

体系化してまとめられていることの価値は大きい

本書は上述のブログ記事の内容と重複する内容も多いんですが、それでも2000円ちょい出して本を買う価値は十分あります。

 

というのも、個々の項目についてブログ記事よりも解説や作例が充実していることはそうなんですが、それ以上に全体を通してとても分かりやすい流れで解説されているんです。

 

これからオフカメラストロボ撮影を始めたい、でもインターネットで調べても情報が散らばっていてどう始めたらいいか分からない…そんな人には特にオススメできるかなあと思います。

 

まとめ:まずはこの一冊から始めたい!

前述したとおり、これまであったライティング解説本は特殊事例とそのライティングの組み方が解説してあるものばかりで、あまり応用が効かない内容のものが多かったように思います。

 

が、本書はそういった特殊事例の紹介がほぼないかわりに、どんな場面でも使える知識やテクニックがまとめられた良書だと思いました。

また、本書をひと通り読んでから別のライティング解説本に載っている特殊事例を見るとより一層理解が深まるのではないかなあと。

 

とにかく、これからライティングを始めようという方必携の一冊です。

おすすめ!

クリップオンストロボ 本格ライティング ~オフカメラストロボ撮影を基礎から学ぶ

クリップオンストロボ 本格ライティング ~オフカメラストロボ撮影を基礎から学ぶ