ひびいろ

"日々"の"色々"を綴ります。カメラ関係のお話がメイン。

MENU

AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8 EDを譲り受けたのでレビューしてみる

先日実家に帰省した際、実家の防湿庫に眠っていたレンズを2本ばかり譲り受けてきました。

そのうちの一本が本記事でご紹介するこちら、AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8 EDです。

レンズのレビューってあまりちゃんとしたことなかったですが、作例含め思ったことをつらつらと。

f:id:mathact7560:20160826220421j:image

 

 

外観

ネットで調べたところによれば最初の発売は1988年ごろ。およそ30年前に発売されたレンズです。 

f:id:mathact7560:20160826220703j:image

f:id:mathact7560:20160826220721j:image

ニコン純正で開放f値2.8通しの望遠ズームレンズの初代モデルとなるこのレンズ。

現行モデルと比べるとワイド端が10mm長いですね。もちろん手振れ補正なんてありません。

 

ズームの操作は真ん中のゴム部を前後させて操作します。直進式というやつですね。鏡筒に焦点距離が記載されています。

f:id:mathact7560:20160826222350j:image

 

絞り環があるのもオールドレンズらしくていいですね。

f:id:mathact7560:20160826222304j:image

とはいえ、CPUレンズなので絞りはカメラ側でダイヤルで操作することが可能です。

 

 

操作感

重さはレンズ単体で1,280gほどのようです。D7200と縦グリップ合わせると軽く2kgオーバーですが、半日振り回すくらいならそこまで重さは感じなかったですね。

長さは500mlペットボトルより少し長いくらい。

 

AFは最近の超音波モーター搭載レンズに比べると確かに遅いものの、個人的にはあまり気にならないレベルです。

直進式ズームも慣れてしまえばこれはこれで便利。ただMFでピント追い込もうとしたときにちょっと焦点距離ズレちゃうかもですね。

 

あと、なにより驚いたのはファインダーを覗いたときの圧倒的なクリアさでした。

ひととおり動物撮ってきたんですが、動物の毛並みの解像感が明らかに違うのがファインダー覗いた段階で分かるんですよね。これにはビックリ。

光学性能の高いレンズはMFでピント合わせていくときにピントピークがつかみやすいとは聞いていましたが、ここまで違うものか…という感じです。

 

 

作例

以下の作例はいずれも若干Lightroomで歪みや周辺光量を補正していますが、レッサーパンダの写真を除いて明るさやコントラスト等は手を加えていません。

 

まずはこちら。

f:id:mathact7560:20160826225637j:image

(D7200, ISO320, 116mm, f/2.8, SS1/6400)

ピントは花に合わせていますが、花の部分を等倍切り出しで見てみましょう。

f:id:mathact7560:20160826234124j:image 

色乗りもよくしっかり解像している印象です。

さてこの写真、絞り開放なんですよね。開放でもこれだけちゃんと解像しているのは驚きです。 

やがて30年近く前に発売されたレンズとはいえ、このデジタル全盛の時代においても素晴らしい描写を見せてくれます。

 

絞り開放は明るくてボケやすい反面どうしても色んな収差が出たりでちゃんと解像しなかったりするので、他のレンズだと使うのに躊躇することが結構あるのですが、このレンズはむしろどんどん開放で撮りたいと思えましたね。

しかし、これが30年ほど前に発売されたレンズだとは…。いやはや。。

 

f:id:mathact7560:20160827000030j:image

(D7200, ISO1600, 200mm, f/2.8, SS1/800)

こちらも開放での撮影。テレ端200mm(フルサイズ換算で約300mm)でのカットです。

瞳にピントを合わせていますが、望遠×絞り開放での被写界深度の浅さにより、鼻や角が少しボケかかっているのが見えますでしょうか。また、背景のボケも非常に綺麗ですよね。

 

f:id:mathact7560:20160827000518j:image

(D7200, ISO640, 200mm, f/4, SS1/1250)

こちらはf/4まで絞っての撮影。合焦部の等倍切り出しはこちら。

f:id:mathact7560:20160827000948j:image

少し絞ると細かい毛の一本一本までしっかりと描き分けてくれますね。

 

とはいえ、絞るともう少し解像するのが分かっていても、開放からしっかりシャープなのが嬉しくてやっぱり開放で撮りたくなるというもの。

f:id:mathact7560:20160827001138j:image

(D7200, ISO640, 125mm, f/2.8, SS1/2500)

というわけで開放で撮った同じシロクマの写真。絞ったときに比べると若干解像感は落ちますが、それでも十分毛並みの質感が出ている印象。

 

f:id:mathact7560:20160827001755j:image

(D7200, ISO1000, 200mm, f/3.5, SS1/800)

こちらの写真は日陰で薄暗い中撮影したもののため、Lightroomで多少明るさ等を調整しています。

 

レンズが明るいということはその分シャッタースピードが稼げるということ。解像感を得るために少し絞っていますが、それでもテレ端200mmでf/3.5は十分な明るさです。

これと高感度を組み合わせることでシャッタースピードを稼ぎ、手ブレを防ぎながらレッサーパンダがあくびをしたほんの一瞬を逃さず捉えることができました。

 

f:id:mathact7560:20160827131904j:image

(D7200, ISO1250, 200mm, f/2.8, SS1/320)

最後は少しテスト的なカット。オールドレンズは逆光に弱いと言われるので、画面内に太陽光を入れてみました。

葉で多少光が切られていることもありますが、太陽光部が若干ボヤけていることを除けば、気になるゴーストやフレアも生じていませんね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今一度強調しておきたいのがこのレンズが約30年ほど前に発売されたレンズだということです。

 

でもご覧いただいた作例のとおり、最近のレンズと全く遜色ない描写をしてくれるどころか、むしろこっちの方が素晴らしい描写をしてくれると思わされたくらい。本当に良いレンズです。

 

中古の相場も3〜5万円程と、少なくとも現行モデルの新品に比べるとそこまで高くないようです。

比較的状態の良い中古があれば、オールドレンズだということを気にせずに購入されてもいいかもですね。

 

とりあえずこれがあれば望遠ズームレンズには当面の間困ることはなさそうです!

動物の撮影や屋外でのポートレート撮影に積極的に持ち出していきたいですね。