ひびいろ

"日々"の"色々"を綴ります。カメラ関係のお話がメイン。

MENU

【雑記】思い出を綺麗な写真で残しておくためならカメラへの投資なんて安いものだと思う

カメラってほんとにお金がかかる!

このブログをお読みの方々には明白なことかと思いますが、カメラって本当にお金のかかる趣味です。

 

私がカメラを買った時はボディ+キットレンズのセットと多少のメンテナンスグッズがあればいいだろうと思っていましたが、そんなことはなかった。

 

性能のいいレンズが欲しくなりますし、ライティングにこだわろうと思えばその周辺機材、そして三脚やフィルター、カメラバッグに撮ったデータを管理するHDDや現像作業に耐えうるパソコンまで…。沼はいたるところに広がっていて、気づいたときにはもう身動きが取れない状況に。

 

 

それでもカメラはやめられない

 

f:id:mathact7560:20160622091001j:image

f:id:mathact7560:20160622091047j:image

f:id:mathact7560:20160622091134j:image

 

でも、綺麗に写真が撮れたらお金のこととかどうでもいい気がしてきます。

 

ボケをいかした写真や肉眼では見えないような星まで捉えた星景写真、じっくりとシャッターを開けて撮影する夜景写真などなど、いくらスマホのカメラが高機能化したとしても、これらは決してスマホのカメラでは得られない写真です。

 

見た景色を見たままに写真に残すのは相当難しいことですが、そもそもそれが実現できるかどうかというのはやはりカメラの性能あってのことだと思います。

 

 

思い出の記録のためならカメラへの投資なんて安いもの

 

一眼レフやミラーレス、プレミアムコンパクトと呼ばれるような機種はどんなに安くても5万くらいはしますし、ちょっと拘ればすぐ10万なんて超えるものです。

 

カメラにそんな値段なんて…と思われるかもしれませんが、やっぱりその値段を出さないと撮れない世界があるからこそ、カメラ沼にどっぷり浸かる人々が後を絶たないのだろうと思います。

 

f:id:mathact7560:20160622125608j:image

f:id:mathact7560:20160622125755j:image

f:id:mathact7560:20160622125832j:image

 

そして何より、思い出の写真を残せるなら綺麗な写真の方がいいです。

私たちが写真を撮る目的の大半は、後で見返して「あのときこういうことあったねー」ってするためですし、どうせならその記録が鮮明に残っている方が良いと思うのです。

 

 

 さあカメラを買おう

f:id:mathact7560:20160622125933j:image

 

 今やデジタルで誰でも高鮮明な写真が撮れる時代です。撮った写真はその場で確認できますし、フィルムを写真館に持ち込むことも必要ありません。パソコンとカメラさえあればいいのです。

 

旅先での思い出の写真や家族・恋人の写真などなど、今しか撮れない瞬間を、一眼レフカメラやミラーレスカメラ等とともに綺麗な写真としてたくさん記録しておきませんか。

大切な家族・恋人・友人だからこそ、今しか見られない瞬間だからこそ、いい機材で写真を撮っておきたいものです。

 

今この瞬間にも将来に向けてちゃんと記録しておきたいようなシャッターチャンスを逃しているのかもしれません。

それってとてももったいないことな気がします。

 

最初の思い切りだけが肝心です。

さあ、近くの家電量販店に向かうか、オンラインショップでポチっといっちゃいましょう。

 

カメラ沼への入り口はすぐそこです!