やをなむ

カメラの話題が中心です。撮った写真とか機材のこととか。

まだ見頃でない梅や桜の木はどう撮るべき?アイデア3つほど!

春らしい気候になってきたとか書いた途端に寒くなる、よくあるパターンのやつです。

 

さてタイトル。

2週間くらい前に梅の写真撮りに行ったんですが、残念ながら全然見頃でなく、まばらに開花している状態でした。。

 

が、来たからには何かしら撮って帰りたいもの。というわけで、「撮りに行ったはいいものの、全然咲いてなかった!」みたいなときになんとか誤魔化すためのお話をしようと思います。

特にこれから桜の時期ですしね。もし咲いてなかったとしても諦めずに撮ってみましょう!

 

 

①割と密集しているところを望遠で狙う

まずはこちら。

f:id:mathact7560:20170302191347j:image

(D810, Nikon AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8 ED, ISO640, 200mm, f/10, SS1/320)

この辺りの木は比較的開花していたので、望遠レンズを使って撮ってみました。

望遠レンズの圧縮効果を利用して、咲いている部分をクローズアップするようなイメージです。これなら多少は咲いてない感じも誤魔化せるはず!

 

②前ボケを入れて一部だけピントを合わせる

f:id:mathact7560:20170302192021j:image

(D810, Nikon AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8 ED, ISO400, 200mm, f/2.8, SS1/320)

奥だけでなく、手前にも花を入れて前ボケにしてしまうのも良いと思います。

上記写真は「いっそ思いっきり前ボケを入れてみては?」という発想のもと、ピンク色の梅の花にピントを合わせ、前後を白い梅の花で挟むようにハイキー気味で撮ってみました。

これはこれで面白い表現になった気がします。中のピンクの梅がもう少し咲いてるとより良さそうですが!

 

③いっそマクロレンズを使う

f:id:mathact7560:20170302190548j:image

(D7200, Tamron SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1 (Model G005NII), ISO100, 60mm, f/3.2, SS1/250)

奥の手感がありますが、マクロレンズを使ってひとつの花だけクローズアップして撮るのもいいと思います。

写真は去年撮ったものですが、これならあんまり咲いてなくても全然問題ないですね。D810で使えるマクロレンズほしいなあ…。

 

参考:咲いてないときの広角は良くない

f:id:mathact7560:20170302212732j:plain

 (D7200, SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM, ISO8000, 17mm, f/3.5, SS1/25)

こちらも去年のもの。

標準ズームの広角端で撮ったものですが、咲いていないときに広角で撮るとどうしても枝ばかり目立って画面が寂しくなります。広角を使うときは基本的に満開のときですね!

 

まとめ:臨機応変に撮影を!

以上、見頃でない梅や桜の木を撮るときのアイデアでした。

もちろん…

f:id:mathact7560:20170302213608j:plain

(D7200, Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR, ISO4500, 40mm, f/4.2, SS1/60)

満開だったらこんな感じの写真が撮れるのは分かってますし、できることなら満開の状態で撮りたいところ。

 

しかし、満開になったタイミングでいつも撮影に行けるわけではないこともまた事実。

そんなときにどう撮るのかを考えるのもそれはそれで写真の楽しみな気がします。

 

ご参考になれば!