やをなむ

カメラの話題が中心です。撮った写真とか機材のこととか。

(今更ながら)当ブログについてなどなど

そういえば今までちゃんとした自己紹介のページって作ってなかったなあと気付いたので、ブログ再構成の一環としてプロフィールやこのブログに関することを書いてみます。

 

一部堅苦しい内容もありますが、ご一読くださいませ(~'ω' )~

 

 

当ブログについて

当ブログは主に一眼レフカメラの話題を扱うブログです。機材等の紹介や、撮影した写真をまとめた記事がメインになります。

また、時たま美味しかったお店のご紹介も。

 

ちなみにブログのタイトルに深い意味はありません。開設時にたまたま目についた「8076」という数字をひらがなに当てはめてみただけです(

 

 

運営者について

関東在住の社会人(♂)です。

生まれは北陸、学生時代は関西に住んで今に至っています。

 

カメラは2015年末から始めました。

メインは風景写真・動物写真ですが、何でも撮れるようになりたいということで最近はコスプレ撮影にも挑戦しています。

 

(過去撮影したものから)

f:id:mathact7560:20170215143933j:image

f:id:mathact7560:20170215143951j:image

f:id:mathact7560:20170215144004j:image

f:id:mathact7560:20170215144026j:image

 

また、2017年から本格的にフォトコンテストへの応募を開始し、とある夜景写真のコンテストで初めて入賞。今後もコンテスト応募には積極的に挑戦していきたいと思います!

 

 

機材について

メインのカメラはNikon D810です。

f:id:mathact7560:20170215144207j:image

まだ十分にこのカメラの性能をいかせていないような気がしますが、それでもすごくいいカメラであることには違いないです。。

 

また、サブカメラとしてSONY α7Ⅱを使っています。

f:id:mathact7560:20170215144413j:image

手軽に持ち出せて強力な手ブレ補正まで搭載しているフルサイズ機。

ちょっとしたお出かけとかに大活躍してくれています。

 

なお、現在は手元にありませんが、元々使用していたのはNikon D7200でした。

f:id:mathact7560:20170215144637j:image

何の不満もなかったのですが、D810の購入後からあまり使わなくなってしまい、防湿庫に寝かせておくくらいなら…と思って泣く泣く売却しました。

 

その他、レンズだったりストロボ関連だったり。

 

 

Twitter・Instagram・500px・アーカイブ

いろいろやってます。どれもお気軽にフォローどうぞ!

 

Twitterアカウント(ifmsor7560): https://mobile.twitter.com/ifmsor7560

 

Instagramアカウント: 

http://instagram.com/yawonamu

 

500pxアカウント:

https://500px.com/namachi7560

 

コスプレイヤーズアーカイブ:
http://sp.cosp.jp/prof.aspx?id=467681

 

撮影のご依頼に関して

こちらをご参照ください↓

 

当ブログのコンテンツ(記事・写真等)の著作権・著作者人格権に関して

当ブログの記事や、運営者が撮影した写真等(以下、総称して「コンテンツ」)の著作権は運営者に帰属します。

法令上著作権が制限される場合を除き、運営者の許諾を得ないコンテンツの転載・複製販売等はご遠慮ください。

 

無断転載等(個人・法人による利用に限らず、NAVERまとめやキュレーションメディア等での利用を含みます。)を確認した場合、商用・非商用利用の別を問わず、コンテンツの使用に係る使用料の請求等、一定の措置を講じますので予めご了承ください。

 

また、適法な引用行為を含め、コンテンツを利用される場合には当ブログ名及び出典元の記事URLを明記していただき、運営者の事前の許諾なくコンテンツを改変することはおやめください。

 

コンテンツの利用をご希望の場合、利用されたい写真等が含まれている記事のコメント欄に連絡先と合わせてその旨下記メールアドレス宛へご連絡ください。

 

yawonamu8076◎gmail.com

(お手数ですが、◎を@に変更してください。) 

 

免責事項

当ブログの記事作成にはできる限り正確な情報に基づく内容とすることを心がけていますが、記事内に誤った内容や憶測に基づく内容を含む可能性があります。

 

万が一そのような記載により損害等が生じた場合であっても、運営者は責任を負いかねますので予めご了承ください。