やをなむ

カメラの話題が中心です。撮った写真とか機材のこととか。

ライティング機材を揃えよう。色々買って試行錯誤中…

またまたご無沙汰でした。
当初ご飯の話題とカメラの話題半々くらいのつもりで始めたのに、気づいたらカメラの話ばっかりですね。
 

f:id:mathact7560:20160503193834j:image

 
いやー数ヶ月前にカメラ始めたときはここまでどっぷりハマると思わなかったですね。
レンズを買い、三脚を買い、クリップオンストロボを買ってバッテリーグリップに至るまでまあいろいろと買ったものです。
 
そして、まさかライティングにまで手を出すことになるとは夢にも思いませんでしたとも。ええ。
今回はそんな底なし沼への第一歩を踏み出した記録です。
 
 
【H29.9.1追記】 
各ライティング機材について、作例を紹介しつつより詳細に書いた記事を公開しました。こちらもあわせてどうぞ!!
 
 
(1)きっかけはクリップオンストロボの使い方を調べたところから
 
正直SB-910買ったときって何も分かってなくて、とりあえず上につけてバウンス出来たらいいやーくらいだったんですよね。
で、案の定持て余してたのです。
何か活用する方法ないかなーと思ってネットで調べたところ、知らない使い方が出るわ出るわ…
 
まだまだ奥深い世界が待っていたのです。
さあどうしよう。
 
 
(2)とりあえず勉強してみよう
 
ネットでもある程度は調べられますが、情報がバラバラしててちょっと分かりづらいです。
 
というわけで本を買いました。
買ったのはこれです。

 

 

 

プロワザが身につく ストロボライティング基礎講座 (玄光社MOOK)

プロワザが身につく ストロボライティング基礎講座 (玄光社MOOK)

 

 

 

 

基礎的な話から場面別にどうライティングするかとかまでしっかり書いてあるのですごく参考になってます。
とにかく一読しました。読み終えると同時に全く機材が足らない現実を思い知ります。
クリップオンストロボって一台買って終わりだと思ってたのですが、もう最低でも3台くらいいるみたいな勢いですねこれ。
 
 
(3)とりあえずアクセサリーを色々買ってみよう
 
①:クリップオンストロボを独立させて使う
 
いや、風景撮ったり動物園で動物撮ったりするだけなら全然ストロボ関連を充実させる必要ないんです。
でも最近ブツ撮りだったりポートレートだったりを撮る機会が妙に増えてきました。
となるとストロボ関連に手を出さざるを得ないところです。あとせっかくいいストロボ持ってるのに活用しないのももったいないですし…
 
とはいえ、ストロボなんてそんなすぐにポンポン買えるものじゃないです。
手っ取り早く活用の幅を広げるにはどうするか?となるとアクセサリーを買うのが早いですね。
 
まず買ったのはSUNTECH製のスピードライト用アンブレラホルダーと
f:id:mathact7560:20160506193422j:image
 
ETSUMIのライトスタンド。
f:id:mathact7560:20160506193538j:image
 
もう知らない人がみたら何がなんやらですね…
 
アンブレラホルダーはライトスタンドの上部に装着して、
f:id:mathact7560:20160506194022j:image
 

ホルダーでクリップオンストロボを固定します。

f:id:mathact7560:20160506194301j:image
 
これでクリップオンストロボを独立させて使えるようになりました。
 
 
②:HAKUBAのディフューザーを導入
 
どんどんいきましょう。
実際は①より先にこっち買ったんですけどね。
 

 

 

 

 

クリップオンストロボに装着して光を拡散させるためのもの。ベルクロで装着します。
とりあえずMサイズ買ったんですが、Lの方が良かったかなあ…
 
f:id:mathact7560:20160506205952j:image
 
サイズ的に光がそこまで拡散しないものの、直当てよりかは柔らかい光になります。
スタンド立てて装着して…という用途ではなくて、スタンド立てられないところで使う用には非常に便利です。収納も楽々ですし。
 
 
③:COMETのC-PLUSのアンブレラを導入
 
せっかくアンブレラホルダー買ったのでね、アンブレラ使いたいですよね。
 
(買ったのは左上の98cmです。)
 
装着!
 
f:id:mathact7560:20160506211035j:image
 
写真館で証明写真とか撮るときくらいしか見たことなかったですね…これを自分で使う日がくるなんて夢にも思いませんでした。。
 
f:id:mathact7560:20160506213407j:image
 
サイズがサイズなだけあって拡散効果は高いです。
が、思ってた以上にかための光になるかも?
 
 
④:RoundflashのDishを導入
 
とりあえず今回の最後はこれ。
 

 

 

 

 

折りたたむとかなり小さくなるので、携帯性が高くて非常に便利です。
 
f:id:mathact7560:20160506214604j:image
 
広げるとこんな感じ。割と広げると大きいです。
結構柔らかい光になるのと、ポートレートだと目のなかに綺麗に光が入るので好きです。
 
 
(4)一体どこに向かうのか…
 
一旦カメラにどハマりすると至る所に沼への穴が空いてます。
 
もちろん自分の撮影スタイルに合わせて機材を揃えるのが重要ではありますが、とはいえもろもろ最低限整えるのも何かあったときのために重要なわけで…と自分に言い聞かせて色々手を出してます(
 
でもライティング楽しいです。
もちろんまだまだ分からないことばかりですが、室内での撮影がすごく安定しましたし、狙ったライティングの効果が出せるともう最高です。
 
今後は同じようなセットをせめてもう1セット、できれば2セットくらい作りたいところです。が、いつになるのやら…
 
今回買ったものは作例とかと合わせて勉強のために別記事で改めてまとめたい…やるやる詐欺にならないよう頑張ります。。