やをなむ

カメラの話題が中心です。撮った写真とか機材のこととか。

【前置き編】フルサイズ機移行を見据えたレンズ購入戦略を考える

先日、タムロンAPS-C用レンズを購入した記事を書きました。


この記事の中でもちょっと触れていますが、私は現在ニコンのD7200を使っています。


(1) D7200のレンズキットを買うところからレンズ沼へ落ちていくまでの話

昔少し一眼を触っていた時期はあったのですが、旅行に行くのをきっかけに、久しぶりに一眼使いたいなーという欲に駆られて思い切って購入したのです。
昔は交換レンズに全然興味がなく、ただ背景がボケた写真が撮れるだけで楽しいなと思っていたものでした。

思えば昔一眼を触っていたのはまだ地元にいたころ。地元の家電量販店なんてそんな色々なレンズを試せるほどレンズなんて置いてないわけです。
カタログ見てても何の興味も湧かなかったのは実際に試してみる機会がなかったからなんだろうと思います。

実際D7200はレンズキットで買い、これだけ使い勝手の良いレンズなら別に他のレンズ買わなくてもー、と思っていたのです。

が、後日店頭に大量に並んでるレンズを色々試したところで気付いたのです。

「あれ、レンズ交換するのすごい楽しい…」と。

特にマクロレンズを初めて使ったときの感動はすごかったです。
そして、キットレンズだと撮れない世界があることを思い知った瞬間でした。

レンズ沼へと落ちていく感覚がしました。


(2) フルサイズ機が欲しい…

一度開いてしまった興味と欲望の扉はなかなか閉まらないものです。

レンズに興味が湧くのとフルサイズ機への移行を考えるのは自然な流れだと思います。

現在いつか私が欲しいなと思っているのはこちら。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750 24-120VR レンズキット AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 付属 D750LK24-120

いいですよねこれ。
ネットでも評判上々だし、私も店頭で何度か実機を触っていますが、触るたびに欲望が募っていくのを感じます。
キットレンズも性能が良いので、これこそキット買いでしばらく交換レンズ買わなくてもなんとかなりそう。

しかしD7200を買ったばかりで、フルサイズなんてすぐに買えるような値段のものではないです。

でもいつかは必ず…と思っている以上、せめて今後買うかもしれないレンズについてはフルサイズ対応のものを選んでいく必要があります。


(3) 真面目に今後どのレンズを買うか考えよう→次回に続く…

さて困った、というわけで真面目に考えようと思って書き始めたのが本記事です。

随分長いですが以上が前置きです。具体的な戦略の話はまた次回に…。